育毛剤の効果|育毛剤と発毛剤の違いについて

育毛剤 新芽

育毛剤と発毛剤。普段の生活の中ではなかなかこの二つの違いが分かりにくいですよね?しかし、育毛剤の効果を考える上では非常に重要な違いです。このページではこの二つの違いから、育毛剤にはどのような効果があるのかを考えてみます。

育毛剤と発毛剤の根本的な違い

育毛剤と発毛剤は国の法律である「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」通称、薬機法によって医薬部外品と医薬品に分類されています。一般的に医薬部外品は症状の予防のために使用するものが多く育毛剤は当てはまり、医薬品は症状や疾患の治療のために使用するものが多く発毛剤が当てはまります。
それぞれ目的が予防と治療と異なり、対象も育毛剤は健常な方であり、発毛剤は壮年性脱毛症の方と異なります。
そして最も異なるのがそれぞれの効果です。育毛剤は医薬部外品として、頭皮の血行を促すこと、頭皮に栄養を与えることで、頭皮環境を整え丈夫な毛髪を育てる効果があります。元々ある毛髪のコシを強くまた太くすることで抜け毛を減らし、髪のボリュームを増やすことで見た目の薄毛を改善します。
それに対し医薬品である発毛剤は、発毛効果を認められたミノキシジルという成分が配合されていて、毛髪を新たに発毛すること、そしてその毛髪を成長させる効果があります。今生えている毛髪を強く育てる効果があるものが育毛剤。新しく毛髪を生やす効果があるものが発毛剤です。

育毛剤と発毛剤のどちらを使えばいいの?

育毛剤と発毛剤。どちらを使えばいいのか。その答えはそれぞれの症状に適した目的・効果のあるものを使うのがベストな選択です。
発毛剤の効果は新しい毛髪を生やすことです。つまり薄毛がかなり進行した人に適した薄毛対策です。髪が新しく生えてくるなら育毛剤より選ぶべきと考える方も多いと思いますが、発毛剤にはデメリットもありますので注意が必要です。
発毛剤のデメリットの一つが副作用です。発毛という治療を行う効果の強い薬ですので、当然副作用のリスクを考えなければいけません。主な内容は頭皮トラブルや、頭痛やめまい、男性機能の低下という報告もあります。副作用はすべての人に発生するわけではありませんが注意が必要です。
また医薬品という分類上、購入には薬剤師への相談が必要であったり、コストが高いというデメリットもあります。
それに対して育毛剤の効果は毛髪を育てるということです。頭髪へのケアが不足していた場合、育毛剤を使用して頭皮環境を改善させ、今ある毛髪を強く育てることで、薄毛が改善する方も多いです。
また発毛剤ほど強い成分ではありませんが、厚生労働省から育毛効果を認められた有効成分を規定量以上配合していますので、効果を期待できますし、天然成分で出来ていますのでアレルギー体質の方以外はほぼ副作用がなく、インターネットでも手軽に購入できる点がメリットです。

育毛剤の効果のまとめ

育毛剤は発毛剤と違い、毛髪を新たに生やす効果はなく、あくまで今ある毛髪を強く育て、頭皮環境を整えることで薄毛を改善する効果があるものです。
しかし、薄毛に悩み始める方の大半は、まだ薄毛の症状が深刻化していない方がほとんどです。その症状であれば育毛剤を使い、ヘアサイクルを正常に戻し、髪を育てることで症状の改善ができるでしょう!何より副作用や面倒な購入手続きがない育毛剤を一度試す事が、薄毛対策の第一歩になると思います!

育毛剤 若葉

\\今すぐ育毛剤を使いたい方はチャップアップがおすすめ//
人気No1